ハリーポッター洋書の難易度は 初心者は絶対手を出しちゃダメ

洋書
洋書で英語の勉強しようかな。ハリーポッターとか簡単そう
ちょっと待って!ハリーポッターは特有の世界観だから読みづらいよ

英語の勉強で洋書にチャレンジしようとしている方向けの記事です。

『ハリーポッターなら子ども向けだし簡単に読めそう』と思われがちですが、ハリーポッターは特有の世界観で読みづらいです。
洋書多読は効果が高いので、『洋書って難しくて無理』となってしまうともったいないですよね。

この記事ではハリーポッター洋書の難易度と、もっと簡単で読みやすい本も紹介します。

ハリーポッター洋書の難易度

ハリーポッター洋書の難易度

特殊な単語が多い

ハリーポッターはAmazonの紹介では9-12歳向けとなっています。

ネイティブの9-12歳は10000語程度の語彙力と言われているので、日本人にはわからない単語が多いです。
なので、洋書多読では意味を推測しながら流し読みしていく読み方をします。

ハリーポッターはSFで魔法の世界が舞台なので、他の同じレベルの児童書に比べると慣れない単語が多いです。

単語が難しいと感じるなら、別の同レベルの洋書に変えてみると読みやすく感じると思います。

ハリーポッターは同レベルの本と比べて難しい単語が多め

世界観を想像しづらい

英語を読んでいると「あれ、今なんの話をしているんだろう」っていう感覚になることがありますよね。

9-12歳向けレベルの本だとそういう経験がなかったんですが、ハリーポッターは何度が話の流れについていけない場面がありました。
シチュエーションがわかりづらいんですよね。

わからないシーンは飛ばし読みして、映画や日本語版で答え合わせするしかないですね。

ハリーポッターは世界観が読み取りづらい

1冊が長い(特に4〜6作)

ハリーポッターシリーズは後半に行くに従ってどんどんページ数が長くなります。

特に第4作から第6作は600ページを超えるので、電車の行き帰りで読むぐらいだと数ヶ月かかるぐらいかかります。

洋書多読は目標が設定しづらく、1冊の本をずっと読んでいるとモチベーションが下がります。
洋書慣れしていないのであれば、短めの本を何冊か読んだ方が達成感が得られるので続けやすいですよ。

  • 第1作 賢者の石:309ページ
  • 第2作 秘密の部屋:373ページ
  • 第3作 アズカバンの囚人:475ページ
  • 第4作 炎のゴブレット:640ページ
  • 第5作 不死鳥の騎士団:816ページ
  • 第6作 謎のプリンス:652ページ
  • 第7作 死の秘宝:313ページ
ハリーポッターは長いので継続しづらい

ハリーポッターはどんな人が読める?【レベル別のおすすめの洋書も紹介】

ハリーポッターはどんな人が読める?【レベル別のおすすめの洋書も紹介】

ハリーポッターが読める英語レベル

ハリーポッターは初心者向けではないですが、洋書に慣れている人なら読めます。

誰もが知っているベストセラーだけあって内容は他の児童書より面白いんですよね。

基礎の単語を抑えていて、洋書多読を習慣化していれば、問題なく読めるレベルです。
TOEICで言うとスコア700ぐらいが目安です。

基礎の単語を抑えていて、洋書多読に慣れていればハリーポッターは読める

試し読みならKindle Unlimited

第2作から第7作はKindle Unlimitedに加入していると月額980円で読めます。

30日間の無料お試し期間中であればハリーポッターを0円で試し読みできます

本格的に読むなら購入がおすすめ

本格的に読むならハリーポッターシリーズは購入がおすすめです。

ハリーポッターシリーズは長いので1冊読むのに1ヶ月以上かかりますので、Kindle Unlimitedだとコスパが悪くなりますので気をつけてください。

オススメの児童書

同じ9-12歳向けの児童書のおすすめはMatildaです。

作者のRoald Dahlはチャーリーとチョコレート工場も書いています。

多読用にオススメされることも多い読みやすい作品です。

もう少し簡単で短い本では『Who is/wasシリーズ』があります。
内容は伝記物なので、小説に比べると読みやすく楽しいですよ。

洋書

【多読入門に最適】児童書に飽きた人向けのおすすめ洋書(Who is(was)シリーズ)

日本のライトノベルの英訳版も多読に使えます。
SFが多いですが、わかりやすい王道的な世界観の作品がほとんどなので初心者でも読みやすめ。

本

おすすめの英語学習(ライトノベルで洋書多読)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

kenne
はじめまして、kenne(ケネ)です。

日本のITエンジニアは英語を苦手と感じている方が多いと感じ、このサイトを始めました。
忙しいエンジニア向けに短い時間で効果をあげる英語のノウハウを発信していきます。

英語で世界に挑戦しましょう。

一人でも多くの方と「自分でもできた」感覚を共有したいので、なるべくわかりやすく、実体験ベースでのブログを心がけています。

不明点や質問があればお気軽にコメントください。