【早くて聞き取れない】1.2倍速でリスニングの練習をしよう【TOEICリスニング対策】

スピード
この記事の想定読者
・TOEIC500〜600の方
・TOEICリスニングテストが早くて聞き取れない方

TOEICの勉強をしているあなた、「リスニングのスピードが早すぎる」ことに困っていませんか。

英語での会話など、英語のスピードに慣れていない日本人英語学習者にとって、TOEICのスピードは早いです。
聞き取れない原因はいくつかありますが、今回はTOEICの勉強をやりながら実践できる1.2倍速リスニングを紹介します。

普段から1.2倍速リスニングをすることで、TOEICテストで落ち着いて対応できるようになりますよ。

この記事では1.2倍速のやり方、無料でできるアプリまで紹介します。

1.2倍速リスニングのやり方

スピードアップ

そもそもTOEICのリスニングが聞き取れない原因

TOEICのリスニングが聞き取れない原因は大きく次のものがあげられます。

・会話のスピードに慣れていない
・TOEICのスピーカーの話し方に慣れていない
・英語の発音に慣れていない

「会話のスピードに慣れていない」のは、日本人は使う機会がないので仕方のないことだと思います。
リスニング量を増やして対策しましょう。できるだけTOEICに近い音源を利用します。

「TOEICのナレーターの話し方に慣れていない」ですが、何度もTOEICを受けていると同じナレーターが話していることもあり、耳が慣れてきます。
そういう意味でも、TOEICのスコアップにはTOEICの音源が最も効きます。

ちなみにTOEICを何度も受けなくても、TOEIC公式の問題集はナレーターが同じなので、これを使いましょう。(たまに変わるので最新版がおすすめ)

TOEICの試験2回分あります。後で解説しますが、この問題集を繰り返しやるだけでスコアアップできるので、コスパは抜群です。

3つ目の発音に関しては別記事でまとめています。TOEICで効果がでるまでは時間がかかりますが、リスニング対策には効果あります。

発音

【TOEICリスニング対策】発音が上達する勉強法を紹介

1.2倍速リスニングのやり方

リスニング対策として、TOEICの問題集を使って勉強することがわかりました。

TOEICの問題集は繰り返し解くことでリスニング力がつきます。 はじめは何を言っているかわからなくても、4,5周するとだいたい理解できるようになってきます。

全問正解できるようになったあたりから1.2倍速にあげます。
1.2倍速も何回か繰り返すと、同じように慣れてくるので、問題なく聞けるようになります。

20周ぐらいすると、TOEICの問題、スピード、話し方に慣れることができると思います。
この後は次の2回目の問題に進みます。

以下の要領でTOEICの問題集を繰り返し解く
・(1〜5周目)1倍速
・(6〜20周目)全問正解できてきたら1.2倍速
・2回目の問題に進む

おすすめの倍速の速度

この記事では1.2倍をおすすめしていますが、1.3倍ではダメなのでしょうか。

TOEICと実際の会話のスピードを比べてみると、TOEICは遅めです。実はゆっくりしゃべってくれてます。
実際の会話の方が1.1倍〜1.2倍早いぐらい。(目安として、TOEICは1分間に160語、日常会話は1分間に180語〜200語と言われています)

1.2倍が、実際の会話に近く、TOEIC本番がゆっくりに感じるおすすめの速度です。
1.25倍や1.3倍ぐらいになるとかなり早口になるので、正確に聞き取ることが難しくなるので注意してください。

1.2倍速リスニングにおすすめのアプリ

アプリ

ここからは1.2倍速リスニングができるアプリを紹介します。
iPhone、Androidどちらもインストール可能です。(試したのはiPhoneアプリです)

語学プレーヤー

語学プレーヤー〈NHK出版〉

語学プレーヤー〈NHK出版〉

NHK Publishing,Inc.無料posted withアプリーチ

NHK出版のアプリで私も利用しています。

倍速は1.2倍の次が1.5倍であったりと、機能は少ないですが特に不便なく利用できています。
簡単に使いたい方におすすめです。

語学プレーヤー
・倍速は実質1.2倍のみ
・30秒前、4秒先に移動できる
・iTunesライブラリからアプリにCD単位でインポート可能(便利)

ハヤえもん

ハヤえもん - 音楽プレーヤー

ハヤえもん – 音楽プレーヤー

Ryota Yamauchi無料posted withアプリーチ

ハヤえもんは倍速を0.001倍刻みで変更できます。(例:112.5%)
数秒戻したり進めたりする機能がないので、聞き逃したのでちょっと戻るとかはできません。

倍速を細かく変更したい方におすすめです。

ハヤえもん
・倍速は0.001刻みで設定できる
・数秒戻したり進めたりする機能はなく、前後の曲へのスキップのみ
・iTunesライブラリからアプリに1件ずつインポートが必要(デメリット)

Audipo(有料)

Audipo 〜倍速再生、耳コピ、リスニングに〜

Audipo 〜倍速再生、耳コピ、リスニングに〜

hidekazu seto無料posted withアプリーチ

有料ですが、検索順位がよかったので紹介します。
倍速は0.01倍単位で変更できます。(例:×1.15)
また、聞き逃した場合は数秒刻みで前後に戻したり進めたりできます。

ただ、無料版だと1曲終わっても次の曲に進めないので、有料版にアップデートする必要があります。(月200円、年600円)

聞き逃した際に何度も戻して確認したい人におすすめです。
(個人的にはそこまで使う機能ではないかな、と思います)

Audipo
・倍速は0.01倍刻みで設定できる
・数秒刻みで前後に戻したり進めたりできる
・iTunesライブラリからアプリへのインポート不要(便利)

まとめ

TOEICの音源を1.2倍で練習する方法を解説しました。
また、1.2倍で聞けるおすすめアプリを紹介しました。

1.2倍速はやったからすぐに効果が出るわけではありませんが、知っていると確実に差がつく方法なので、ぜひ試してみてくださいね。

参考

「そもそもPart2ぐらいしか聞き取れないよ」という方は、加えておすすめの書籍(TOEICテクニック本)も紹介します。

Part3、Part4がほぼわからなくてもTOEIC600ぐらいは取れます。(体感ですが、、)
Part3,4は少し勉強に時間がかかるので、このようなテクニック本で少しでも点を稼ぐことが有効ですので、試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

kenne
はじめまして、kenne(ケネ)です。

日本のITエンジニアは英語を苦手と感じている方が多いと感じ、このサイトを始めました。
忙しいエンジニア向けに短い時間で効果をあげる英語のノウハウを発信していきます。

英語で世界に挑戦しましょう。

一人でも多くの方と「自分でもできた」感覚を共有したいので、なるべくわかりやすく、実体験ベースでのブログを心がけています。

不明点や質問があればお気軽にコメントください。