TOEICで時間が足りなくて解き終わらない場合の対策

時間がない
TOEICが時間内に終わらないよー
時間内に終わらせるコツを解説するよ

TOEICで時間が足りなくて解き終わらない場合の勉強法をまとめました。

TOEICでPart7を読み切るためにはある程度の英語力が必要ですが、スキルだけで早く解ける問題も多いです。
この記事ではTOEICを解き切るための勉強法を紹介します。

TOEICで時間が足りない要因

TOEICで時間が足りない要因

TOEICは特有の解答スキルが必要

TOEICは試験の特性上、TOEIC特有の対策をしないと時間が足りなくなります

TOEICで全問解き切るにはPart5,6で15〜20分、Part7で55〜60分の配分で解く必要がありますが、普通に問題を読んで解ける量ではありません。

例えばですが、Part5,6は問題文を読まなくても正答できる問題が多くありますし、Part7も問題文を先読みすることで全部読まずに正答できます。

TOEIC特有の解答スキルとして早めに習得してしまいましょう

解答スキルの習得は『直前の技術』で習得できます。TOEIC800までスキルはこれ1冊で十分かなと思います。

TOEICの解答スキルを習得しよう

読解力が足りていない

Part7では大量の英文を1時間で読み切る必要があり、『読解スピード』と1時間読み切る『英文慣れ』が必要です。

TOEICで求められる『読解』は英文から必要な情報を抜き出す能力です。英文はさらっと流し読みで正答できます。

また、1時間ずっと英文を読み続けるので、英文慣れしていないと集中力が切れて正答率は下がります。

一番の練習はTOEICと同じ形式の問題を繰り返し解くことです。
TOEIC運営が発行している公式問題集は本番同等の問題が2回分練習できるので、繰り返し解くことで『読解スピード』とTOEICの『英文慣れ』を身につけることができます。

公式問題集を活用してTOEIC慣れしよう

TOEICで全部解き終わるときのスコア

参考値として、TOEICの回答数とスコアの目安は以下のようなイメージです。
個人差はあると思いますが、全問解けるとTOEIC700が見えてきます

  • リーディングパートで80問回答:TOEIC600前後
  • リーディングパートで90問回答:TOEIC650前後
  • リーディングパートで100問回答:TOEIC700前後

TOEICで時間が足りないケースと対策

TOEICで時間が足りないケースと対策

Part5,6が15〜20分で終わらない

Part5,6は15〜20分で解く必要があります。「直前の技術」ではPart5,6特有の解答スキルを身につけることができます。

Part5,6は大半の問題が英文全体を読む必要がなく、穴埋め箇所の前後を読むことで回答できます

「直前の技術」だけでは練習量が足りないので、「公式問題集」もうまく活用できると思います。

Part5,6を早く解くことでスコアが下がってしまう場合、文法、単語の基礎が身についていない可能性が高いです。
文法、単語を個別で対策するとスコアを安定させることができますよ。

Part5,6の時間不足はスキルで対策

以下記事では目標スコア別に勉強法を解説しています。

目標スコア

【TOEIC点数はどれぐらい必要?】国内ITエンジニアの目安スコアを解説

Part7が55〜60分で終わらない

Part7は55〜60分で解く必要があります。

Part7については英文の難易度は高くないので、質問内容を問題文から探すことで回答することができます。

試験前の対策としては、先ほど挙げた公式問題集が一番効きます。
時間内に読み切れるように、文章と問題文を読み比べながら解く練習をすると効果的です。

また、普段から英語を読むようにしておくと、速く正確に理解できるようになります。
普段英語を読む機会がないなら、洋書多読を日常に取り入れてみると苦手意識はなくなりますよ

Part7の時間不足は公式問題集と英語習慣で対策
洋書

【多読入門に最適】児童書に飽きた人向けのおすすめ洋書(Who is(was)シリーズ)

公式問題集はどれぐらい解けばいいか

「公式問題集」は1冊に2回分の問題が含まれているので、それぞれ20回ぐらいが最適です。

5周ぐらいすると全問正解できて、時間内に終わらせることができるようになるので、そのスピード感に慣れておくと本番でもスムーズに対処できます。

1問1分カウントで時間さえ測っておけば、全問通しでやらずに空き時間で少しずつやっても効果ありです。気軽に取り組みましょう。

公式問題集は20回繰り返そう

スキルと読解力アップでTOEIC700を目指そう

TOEICで時間が足りない対策として、スキルと読解力を向上させる方法を紹介しました。

時間内に解き終わるようになるとTOEIC700が見えてきますので、ぜひ狙ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

kenne
はじめまして、kenne(ケネ)です。

日本のITエンジニアは英語を苦手と感じている方が多いと感じ、このサイトを始めました。
忙しいエンジニア向けに短い時間で効果をあげる英語のノウハウを発信していきます。

英語で世界に挑戦しましょう。

一人でも多くの方と「自分でもできた」感覚を共有したいので、なるべくわかりやすく、実体験ベースでのブログを心がけています。

不明点や質問があればお気軽にコメントください。