TOEIC500を取得するための最短の勉強法

最短
TOEIC受けなきゃいけないんだけど、楽していいスコア取れない?
楽しては取れないけど、効率がいい方法はあるよ。

TOEICを受けたことがない方、受けたけど全然スコアが取れなかった方向けの記事です。

TOEICは勉強しないと200〜350前後しかとれません。ただ、それってTOEIC慣れしていないだけで、ちょっとTOEIC対策をすれば450〜500は狙えるんです
TOEIC500は英語にかける時間がなくても狙えるスコアですし、今後につながる最初に目指したいスコアです。

この記事では最短でTOEIC500を取るための方法を紹介します。

TOEICの難しさ【慣れていない人向け】

TOEICの難しさ【慣れていない人向け】

試験時間が長く慣れていないと辛い

TOEICは試験時間が2時間、問題数が200問と多いです。

慣れていないとペース配分がわからないので、集中力が続かずに解き切れないんですよね。
TOEICは何回か受験するだけでも、試験慣れしてスコアは上がっていきます

問題になれるだけでTOEIC500は近づいてきます。

適切なTOEICの問題集を利用することで、少ない受験回数でスコアをあげることができますよ。

  • 試験時間が長く集中力が続かない
  • TOEICの問題に慣れることが大切

スキルがないと解けない問題が多い

TOEICはリスニングがPart1〜4、リーディングがPart5〜7の構成です。

Part3、4、7など、後半の文章問題はひっかけが少なく純粋な英語力が必要になりますが、前半のPart2,5,6はひっかけ問題が多いです。

スキルだけで解ける問題も多いので、知っているだけでスコアは上がります
スキルは勉強しておいて損しないので、早めに対策していると後々楽できますよ。

TOEICはスキルだけで解ける問題も多い

ビジネス英語を知らないと解きづらい

TOEICはビジネス英語が中心なので、学校で勉強してきた英語とはジャンルが違います
学校ではビジネス英語はやらないですよね。

特に単語は大学受験の語彙が3500語に対して、TOEICでは6500語と言われているので、知らない単語も多くでてきます。

海外ドラマなどの英語教材ではなく、TOEIC対策をすることが一番スコアが伸びます

TOEICの問題集、単語帳等を利用しましょう。
ビジネス英語対策はTOEICの問題集、単語帳を活用しよう

TOEIC500を最短で取るための勉強法

TOEIC500を最短で取るための勉強法

TOEICスキルを習得する

ここからは最短でTOEIC500を取るための勉強法をお伝えします。

最短でTOEIC500を習得するには『TOEIC対策のスキル習得』『TOEICの問題を解く』ことです。
英語力向上は時間がかかりますが、TOEIC対策は短期間でできるので直前からでもスコアを伸ばせます。

『TOEIC対策のスキル習得』に関しては、TOEICのスキル対策本を1冊やっておくとよいです。
スキルは一度覚えておくと忘れづらいので、早いうちに身につけておいて損しないですよ。

私はロバートヒルキの直前の技術をやりました。私の周りでもこの本を読んだ人は目標スコア到達しているので、効果は高いと思います。

TOEICのスキル対策本を1冊やっておくと後々活きる

TOEIC本番に最も近い問題集を自宅で解く

TOEIC本番に最も近いのはTOEIC運営元から出ている問題集です。
運営元が出しているだけあって、実際のTOEICを解くのと同じ効果を見込めます。

2時間解き切る練習をすると本番でも同じペースで取り組めます。

ちなみに2回分しか収録されていませんが、同じ問題を解いた方がペース配分は掴みやすいので、何度か繰り返してみてください。

最初はほぼわからない中で問題を解くことになるので辛いですが、TOEICは慣れるだけでもスコアは上がって行くので、頑張ってやってみましょう。

TOEIC公式問題集でTOEIC慣れしよう

TOEIC対策をしてまずはTOEIC500を狙ってみよう

この記事ではTOEIC500を取得するための勉強法を紹介しました。

TOEIC500は最初に狙うスコアとして最適です。
今回お伝えした勉強法はTOEIC600、700を取得するためのベースになります。

やってみて損はしないので、ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

kenne
はじめまして、kenne(ケネ)です。

日本のITエンジニアは英語を苦手と感じている方が多いと感じ、このサイトを始めました。
忙しいエンジニア向けに短い時間で効果をあげる英語のノウハウを発信していきます。

英語で世界に挑戦しましょう。

一人でも多くの方と「自分でもできた」感覚を共有したいので、なるべくわかりやすく、実体験ベースでのブログを心がけています。

不明点や質問があればお気軽にコメントください。