TOEIC700を取得するための勉強法【悩み別の対策も載せます】

スコアアップ
TOEIC700とか取れる気がしないよー
TOEIC700は継続している人ならみんな狙えるスコアだよ。

TOEIC700は簡単には取れないですが、継続して勉強している人なら誰でも狙えるスコアです。
国内企業からの評価も高く、取る価値のあるスコアですよ。

この記事ではTOEIC700を超えるための勉強法を解説します。

TOEIC700取得に必要な勉強法

TOEIC700取得に必要な勉強法

TOEIC700取得を最短で目指すならTOEIC公式問題集

公式問題集

TOEIC700取得を最短で狙うなら公式問題集の繰り返しが有効です。
TOEIC運営のIIBCから出ている問題集を繰り返し解くことでTOEIC慣れ、語彙力などTOEICに特化した勉強ができます。

詳細はTOEIC600取得の記事に載せていますので参照ください。

スコアアップ

TOEIC600取得に必要な勉強法【必要な勉強時間も公開】

単語

TOEICの語彙は経済、ビジネスよりなので、学校で学んできた語彙とはジャンルが違います。そのため、語彙力の増強は必須です。
必ずTOEIC対策の単語帳で練習しましょう。

『キクタン800』は語彙数が多いですが、この本をやっておくとTOEICで単語で困ることはなくなります。

単語に時間をかけてもスコアは伸びづらいので、知っている単語はばつ印つけて除外、知らない単語はざっくり意味がわかればOK、ぐらいの適当さで何回か回せば大丈夫です。

あとは実践で身につけましょう。

TOEIC700は継続的に学習が必要

TOEIC700を独学で狙っていく場合、継続的な学習が不可欠です。
独学で短期間でスコアを100あげるとかは不可能です。

逆に継続が難しいからこそ、TOEIC700取得者が少なく価値があります。

5,6回ぐらい勉強しながらTOEICを受験すれば700は見えてきます。
2ヶ月程度勉強してTOEICを受験、というのを4〜6ヶ月間隔で繰り返せば1年程度で取得できます。

自分の負担にならない程度に、長期戦を覚悟して継続学習してみてください。

その他のTOEICに効果のある勉強法

公式問題集以外で実際にTOEICに効果のあった勉強を紹介します。
ずっとTOEICの勉強ばかりだと正直続かないと思うので、参考にしてみてくださいね。

経済書を洋書で読む

経済書を洋書で読むのは『効果あり』です。

経済書の単語はTOEICにでてくるので、語彙力が広がります。
また、洋書を読み慣れているとPart7の解答スピードがあがります。

経済書は読むのに時間がかかるので、このサイトでは児童書やライトノベルも紹介してます。

洋書

【多読入門に最適】児童書に飽きた人向けのおすすめ洋書(Who is(was)シリーズ)

ヒアリングマラソン

ヒアリングマラソンは1日3時間リスニングする教材です。
教材がTOEICに効くわけではないですが、1日3時間は効きます。

正直、忙しい社会人にはおすすめしませんが、「1日あたりの勉強時間を増やす」のは非常に効果があることはわかりました。

勉強時間

【短期集中が効果的】ITエンジニアは英語を何時間勉強すればいい?

「1000時間ヒアリングマラソン」で自分史上最高の英語力をつける!

TOEIC700までの弱点別の対策方法

TOEIC700までの弱点別の対策方法

ここではTOEIC700を取得するための弱点別の対策をお伝えします。
ベースとなる勉強は公式問題集ですので、苦手分野の補強として使ってください。

リスニングが聞き取れない

TOEIC700はどれぐらい聞き取れるか

TOEIC700であれば、リスニングは全部聞き取れなくても大丈夫です。
Part2の後半が聞き取れない、Part3,4も前半はわかるけど、後半はわからないぐらいがTOEIC700のリスニング力です。

Part3,4が苦手でほとんど聞き取れない方は、「英語のスピードに慣れていない」「英語のイントネーションが聞き取れない」のどちらかの可能性が高いです。

英語のスピードに慣れていない

英語に触れる機会が足りていないと「英語のスピードに慣れていない」場合があります。
リスニングのスピードで英語が読めないパターンです。そのパターンの場合、英語を聞き流すよりも、英語を読む量をこなすことでリスニングができるようになります。

英語を読む量を増やすとリーディングと一緒にリスニングも伸びていきますよ。
このサイトでは初心者でも始めやすい洋書多読の本を紹介しています。

洋書

【多読入門に最適】児童書に飽きた人向けのおすすめ洋書(Who is(was)シリーズ)

英語のイントネーションが聞き取れない

自分で英語が話せないと、「英語のイントネーションが聞き取れない」場合があります。
英語の発音ができていないパターンです。

発音は勉強したことがない人が多いですが、発音を勉強すると単語や英文を英語っぽく話せるようになります。
英語っぽく話していると、英語が聞こえるようになってきます。

英会話が必要になったときも発音の基礎が身についていると習得が早くなるので、まだやったことない人は一度練習してみてください。

発音

【TOEICリスニング対策】発音が上達する勉強法を紹介

リーディングが時間内に読み終わらない

TOEIC700は時間内に終わる必要あり

TOEIC700であれば、時間ぎりぎりで解き終わるぐらいのスピードが必要です。

時間内に終わらない場合、「リーディング量が足りていない」のが原因です。

リーディング量が足りていない

普段から英語を継続して読んでおくとリーディングのスピードが早くなります。

TOEICは経済やビジネスの題材が多いので、英語ニュースや経済、ビジネス分野のWebサイトが効果があります。
慣れていない方は読みやすい洋書の小説でも大丈夫です。Who is/wasシリーズやライトノベルは大人でも楽しめます。

【2020年最新版】ライトノベルを洋書で読みたい【ジャンル別の人気作を解説】

TOEIC700取れると仕事で有利

TOEICで700を取るための勉強法をまとめました。
TOEIC700って目指してもなかなか取れないんですよね。

ただ、私の周りでも英語の実力関係なく、継続して頑張っている人はみんな取れてます。
TOEIC700取れると周りの目も変わるので、継続していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

kenne
はじめまして、kenne(ケネ)です。

日本のITエンジニアは英語を苦手と感じている方が多いと感じ、このサイトを始めました。
忙しいエンジニア向けに短い時間で効果をあげる英語のノウハウを発信していきます。

英語で世界に挑戦しましょう。

一人でも多くの方と「自分でもできた」感覚を共有したいので、なるべくわかりやすく、実体験ベースでのブログを心がけています。

不明点や質問があればお気軽にコメントください。