【やらないともったいない】ITエンジニアがTOEICを勉強するメリット

エンジニア英語
TOEICって意味あるのかな。「TOEIC=英語力」ではないって聞くし。
仕事で英語使う機会ないと迷っちゃうよね。でも日系のIT企業ならTOEICやらないのはもったいないよ。

TOEICを勉強中の方、これから勉強しようと思っている方は『TOEICに時間をかけるメリットはほんとにあるか』は非常に重要で悩ましいポイントだと思います。

この記事では国内のIT企業勤務でTOEIC800を持っている私が、TOEICハイスコアを実際に取って感じたことを解説します。

ITエンジニアの方向けの内容です。

TOEICは仕事に役立つ?仕事へのメリット

TOEICは仕事に役立つ?仕事へのメリット

国内IT企業のエンジニアは英語ができないのでチャンス

国内のIT企業の社員は他の業界と比較すると英語ができません。
管理職の人もできないので、英語力の判断基準がTOEICしかないのが実情です。
TOEICのスコアが高いとそれだけで英語ができるという評価をもらえてしまうんです。

「TOEICスコアが高いから昇進」のような直接的な評価はありませんが、先に言ったように管理職世代は英語ができないので、「仕事で使えるように継続的に勉強している」という姿勢は評価されます。

仕事のチャンスが増える

TOEICで高いスコアを持っていると仕事のチャンスは確実に増えます。

国内案件ばかりやっていると英語案件は存在しないように感じますが、意外にチャンスは多いです。

例えば、オフショア先に出張に行ったり、海外パッケージ開発の案件があったときに優先的に参画できるのはTOEICスコアが高い人です。
このようなプロジェクトは優秀な人が多いので、英語以外のスキルも伸ばすことができます。

    TOEICが高い人の仕事のチャンスの例
  • 中国などのオフショア先に出張
  • 海外パッケージを利用した開発
  • アジャイル案件

会社の規模にもよりますが、大きいほどチャンスは増えるでしょう。
逆に今の会社で機会がなくても、英語ができることでこういった企業への転職の選択肢を持てるようになります。

また、グローバル化のための教育予算を多めにとっている会社も多く、海外研修や語学研修に参加できることもあります。

TOEICは無駄にならない?英語力アップにつながるか

TOEICは無駄にならない?英語力アップにつながるか

TOEICスコアとITエンジニアの英語力は比例する

私は海外パッケージを利用した開発プロジェクトに参画したことがあるのですが、TOEICスコアとITエンジニアの英語力は比例します。

実は海外色の強いプロジェクトであっても、最低限必要な英語力は「読み書き」+「リスニング」ぐらいです。
日本にいる外国人は英語が話せない日本人に慣れているので、日本語を話せるか、カタカナ英語を聞き取ってくれます。

TOEICはビジネス英語のリスニングやリーディングが中心なので、仕事でも使える英語が身につきます。

もちろん、英会話はできた方がいいのですが、TOEIC700〜800を持っていればオンライン英会話などで集中的に訓練すればすぐに話せるようになりますよ。

ランキング

【最新版】おすすめのオンライン英会話ランキング【”英語を話せるようになりたい人”向け】

TOEICスコアは下がっても戻せるので無駄になりづらい

TOEICは有効期限が2年なので、ずっと勉強を継続しないといけないの?と心配になるかもしれません。

たしかにTOEICは勉強しないとスコアが落ちてしまうのですが、下がったスコアを戻すことはそこまで大変ではありません。
TOEICは英語力ももちろん必要ですが、TOEIC対策の効果も大きく、一度スコアをあげておくと以前よりも少ない労力でスコアを上げられるようになります。

日頃から多読などで英語力をキープしておけば、スコアの下げも抑えることができます。

すぐにTOEICスコアを再取得できるので、一度700や800などの目標スコアを取ってしまえば、自分の好きな英語学習に集中できるようになります。

本

おすすめの英語学習(ライトノベルで洋書多読)

大学受験してれば650は到達圏内(やらないともったいない)

もしあなたが大学受験や大学の授業で英語を勉強しているとすればTOEIC650はすぐに取れてしまうかもしれません。

TOEICはTOEIC特有の難しさがあるので、スコアアップに慣れが必要です。

まだ数回しか受けていないのであれば、定期的に半年に1回程度でも受け続けることでスコアが上がって行くと思います。

また、TOEIC対策をしていないのであれば、それはスコアアップ要因なのでTOEIC対策するだけで100ぐらい上がる可能性があります。

TOEIC対策は別記事で詳しく解説しています。

TOEIC

TOEICで800を取るために実践した勉強法【苦手分野の対策法も紹介】

まとめ

国内IT企業のエンジニアがTOEICを勉強するメリットを解説しました。

私自身、国内案件ばかりでほんとにTOEIC必要なの?って疑問を持っていたこと、TOEICの勉強をしていたことで海外出張や海外パッケージ案件に参画したりと 「おいしい思い」をしてきた経験からこの記事を書いてみました。

TOEICやりたいけど意味あるのかな、と悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

kenne
はじめまして、kenne(ケネ)です。

日本のITエンジニアは英語を苦手と感じている方が多いと感じ、このサイトを始めました。
忙しいエンジニア向けに短い時間で効果をあげる英語のノウハウを発信していきます。

英語で世界に挑戦しましょう。

一人でも多くの方と「自分でもできた」感覚を共有したいので、なるべくわかりやすく、実体験ベースでのブログを心がけています。

不明点や質問があればお気軽にコメントください。